[PR]記事内に広告が含まれています。

キャリーワゴンはベビーカー代わりに使える?子供も乗れる?どんなシーンで便利?

テーマパークやアウトドアで見かける子供を乗せれるタイプキャリーワゴン。

子供や荷物を乗せて移動できる便利なアイテムですが、ベビーカーの代わりとして使えるのでしょうか?

今回は、子供も乗れるキャリーワゴンのメリット・デメリットを徹底解説し、具体的なシーン別におすすめの使い分けをご紹介します。

GREMA-KIDS
GREMA-KIDS

キャリーワゴンは条件付きでベビーカー代わりに使える便利なアイテムです。メリット・デメリットを理解し、シーンに合わせて使い分けることで、育児やレジャーを快適に楽しめます。

今回ご紹介している商品は、各ECショップでお求めいただけます。


気になる商品がありましたら、写真または写真下部の商品詳細ボタンよりアクセスください。

GREMA-KIDS
GREMA-KIDS
この記事を書いた人

おもしろい・知りたいが見つかる子育て応援WEBマガジン。
 
子育て中に試してよかったことや助けられたアイテムなど、
 
3人の子供がいる現役ママが、子育てに役立つ情報などを中心にご紹介します。

キャリーワゴンはベビーカー代わりに使える?

愛する赤ちゃんとの外出は、ママにとっても大切な時間ですよね。

愛する我が子を守るために、ベビー用品選びは慎重に行いたいものです。

GREMA-KIDS
GREMA-KIDS

赤ちゃんの安全面を考えると、キャリーワゴンよりも圧倒的にベビーカーを選ぶべきです。我が家でも荷物の収納に苦労しましたが、下記のベビーカーを購入しました。

我が家のベビーカー歴

1台目:Combiベビーカー(一人目の誕生に伴い)

2台目:Kinderwagon DUOシティHOP II デュオシティホップ2(二人目の誕生に伴い)

キャリーワゴンは赤ちゃんの体が固定されず、振動が大きい

キャリーワゴンは、種類によってはシートベルトなどの固定具がないものが多く、赤ちゃんが体を揺らしたり、立ち上がったりしてしまいます。

また、路面の振動がダイレクトに伝わってしまうため、赤ちゃんの脳や体に負担がかかってしまいます。

操作性もベビーカーと比較しても、難しい場合が多く小回りも苦手です。

ベビーカーは、シートベルトや幌で赤ちゃんの体をしっかりと固定し、振動も吸収してくれるよう設計されていますので長時間のお出かけでも、赤ちゃんは快適に過ごせます。

キャリーワゴンは日よけや雨よけなどの機能が充実していない

紫外線や雨から赤ちゃんを守るためには、日よけや雨よけなどの機能が重要です。

キャリーワゴンの種類によってはこれらの機能が簡易的なものが多い場合があり、十分な保護ができません。

ベビーカーは、日よけや雨よけが大きくてしっかりしているものが多く、赤ちゃんの肌を守ります。

また、レインフードや虫よけネット付きのモデルもあり、安心してお出かけできます。

大切な我が子を安全に、快適に守るために

キャリーワゴンは手軽で便利ですが、赤ちゃんの安全を守るためには、ベビーカーを選ぶことを強くおすすめします。

ベビーカーは、赤ちゃんの成長に合わせて長く使えるものも多く、種類も豊富なので、ご自身のライフスタイルに合ったものを選ぶことができます。

キャリーワゴンとベビーカー、賢く使い分けて楽しくお出かけ

忙しいママにとって、お出かけは荷物との戦い!

キャリーワゴンとベビーカー、それぞれの特徴を理解して、シーンに合ったアイテムを選ぶことが、快適で楽しいお出かけのポイントです。

GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

賢く使い分けて、楽しいお出かけをしましょう!

キャリーワゴンのメリットとデメリット

キャリーワゴンのメリット

  • 荷物がたくさん載る:ベビーカーよりも大きな荷台スペースがあるので、レジャー用品や買い物の荷物など、たくさん持ち運ぶことができます。
  • 段差も安心:大きなタイヤで段差もスムーズに走行できるので、公園やキャンプ場など、悪路でも安心です。
  • 子供も一緒に乗れる:中には、子供が乗れるシートが付いているものもあり、小さなお子様と一緒に移動することができます。
  • 遊び道具にもなる:荷台を外して遊んだり、砂場遊びのお砂場として使ったり、様々な用途に活用できます。

キャリーワゴンのデメリット

  • ベビーカーよりもかさばる:折り畳んでもベビーカーよりも大きく、持ち運びや収納場所を確保する必要があります。
  • 自分で押す必要がある:電動のものもありますが、基本的には自分で押す必要があるため、長距離の移動には不向きです。
  • 段差によっては転倒の危険性がある:段差によっては転倒する危険性があるので、注意が必要です。
GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

赤ちゃんの時はキャリーワゴンは不向きですが、2歳以降はキャリーワゴンの選択肢も可能かと思います。

ベビーカーのメリットとデメリット

ベビーカーのメリット

  • 赤ちゃんを安全に乗せて移動できる:専用のシートで赤ちゃんをしっかりと固定できるので、安全に乗せて移動することができます。
  • 長時間移動でも快適:赤ちゃんが寝やすいように設計されているものが多いので、長時間移動でも快適に過ごせます。
  • 荷物もある程度載せられる:下部収納スペースや荷物フックなどがあり、ある程度の荷物は載せることができます。
  • 折り畳んで持ち運びやすい:コンパクトに折り畳めるので、持ち運びや収納が簡単です。

ベビーカーデメリット

  • 段差に弱い:小さなタイヤなので、段差に弱く、転倒する危険性があります。
  • 荷物が多い場合は不向き:キャリーワゴンほど荷物は載せられないので、荷物が多い場合は不向きです。
  • ある程度のスペースが必要:折り畳んでもある程度のスペースが必要なので、持ち運びや収納場所を確保する必要があります。
GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

荷物がかさばる時は、ベビーカーは一苦労…。でも赤ちゃんの安全を考えると基本はベビーカー一択です。

キャリーワゴンはこんなシーンであると便利!

子供が成長してきて、そろそろベビーカーも卒業かなという時にはキャリーワゴンの選択肢も出てきます。

キャリーワゴンが特に便利なシーンをまとめてみました。

公園や大型アウトレットモールへのお出かけ

公園や大型アウトレットモールへのお出かけは、お子様連れにとって楽しい時間ですが、荷物が多くなると大変ですよね。

キャリーワゴンを使えば、おむつや着替え、飲み物などのお子様の必需品はもちろん、レジャーシートやおもちゃなどもしっかりと収納することができます。

また、お子様が疲れた時には、キャリーワゴンを簡易的なベビーカーとして利用することもできます。

GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

小型・中型のショッピングモールはキャリーワゴンは大きすぎて気が引けますが、大型のアウトレットでは、買った荷物が多くてさらに子供が歩き疲れたなどに重宝します。

テーマパークや動物園、水族館へのお出かけ

テーマパークや動物園や水族館など、長時間歩き回る場所へのお出かけにも、キャリーワゴンは最適です。

お子様が疲れた時には、キャリーワゴンを簡易的なベビーカーとして利用したり、荷物置き場として利用したりすることができます。

GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

テーマパークでの利用は特におすすめです。大人と子供では体力に差があって当然。歩き疲れた時なんかは、キャリーワゴンで爆睡します。

バーベキューやピクニックなどアウトドアへのお出かけ

バーベキューやピクニックなどのアウトドアイベントにも、キャリーワゴンはおすすめです。

食料や飲み物、レジャーシートなど必要なものをまとめて運ぶことができ、場所取りにも便利です。

また、お子様が疲れた時には、キャリーワゴンを簡易的な休憩スペースとして利用することもできます。

GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

キャリーワゴンで荷物を結構運べるのが一番便利な点。子供も乗せれて一石二鳥なのが一番の利点です。

子供が乗れる安全基準を満たしたキャリーワゴンはどんなモデル?

近頃、アウトドアやレジャーシーンでキャリーワゴンの利用が急増しています。

荷物運びの負担を軽減してくれるだけでなく、様々な用途に活用できる便利アイテムとして人気が高まっているのです。

ここでは、近頃人気を集めているキャリーワゴンのモデルをいくつかご紹介します。

GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

安全基準を満たしたキャリーワゴンをいくつかピックアップしています。

安心・安全に子供が乗れる便利なキャリーワゴン

Radio Flyer キャノピー付き 3-in-1 テールゲーター ワゴン

項目内容
安全基準ASTM F963-16に準拠
対象年齢1歳半以上
対象体重ワゴン: 約68kg
カーゴストレージ: 約22kg
本体サイズ約L133cm×W55cm×H82cm(キャノピー含まず)
本体重量約14kg
参考価格¥39,980(税込み)
※価格は変動する場合があるので、ショップにてご確認ください。

アメリカで大ヒットのラジオフライヤー製のワゴンは、2人乗りでキャノピーも付いているので、兄弟や友達と一緒に公園やお買い物に行くのに最適です。

シートパッドとシートベルト付き。

荷物も運べるカーゴストレージとストラップも付いており、荷物をしっかり固定できます。

使わないときはタイヤまで折りたためるので、収納に便利です。

この商品の口コミ・評価のまとめ

高い評価

  • 椅子として使えるのが非常に役に立った
  • 子供たちも大喜び、荷物の運搬にも便利

低い評価

  • 畳むと大きい
  • カラーは1色のみ
GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

クーラーボックスを乗せれるのは、夏場のお買い物シーンやアウトドアで大活躍しそうですね!

babyGap デラックス エクスプローラ ワゴン

項目内容
安全基準米国安全基準適合
対象月齢9ヶ月以上
耐荷重ワゴン: 約68k
カーゴストレージ: 約22kg
本体サイズ約L130cm×W61cm×H117cm
(折りたたみ時 約L43cm×W32cm×H80cm)
カラーネイビーカモ
ブラックカモ
グレーストライプ
本体重量約18kg
参考価格¥49,980(税込み)
※価格は変動する場合があるので、ショップにてご確認ください。

babyGap製の2人乗りワゴンは、公園やお買い物に便利!ベビーカーとしても使えます。

軽量で丈夫なスチールフレームで安心。360度回転するフロントタイヤでスムーズな運転が可能。3点式シートベルト付きで小さなお子様も安全。

キャノピーで日差しや雨から守れます。折りたたみも簡単でコンパクトになり、自立可能。

荷物も約49.8kgまで運べます。公園だけでなく、ピクニックやテーマパークにも最適です!

この商品の口コミ・評価のまとめ

高い評価

  • 収納ポケットが多くて便利
  • 見た目も可愛くて、ドリンクホルダーも重宝する

低い評価

  • 砂利道などでは不向き
  • 操作が難しいという声も多い
GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

babyGapのキャリーワゴンは見た目もおしゃれで、高い評価も多いですが、ホイール

CT-WAGON PLUS

項目内容
安全基準中国安全規格適合
対象月齢1ヶ月以上
耐荷重約150kg
本体サイズ幅約122×奥行約55×高さ約120
収納時(cm)幅約30×奥行約55×高さ約80cm
カラーネイビー
ブラック
グリーン
レッド
本体重量約14.1kg
参考価格¥62,800(税込み)
※価格は変動する場合があるので、ショップにてご確認ください。

CTWAGON PLUSは、ベビーカーにもなるキャリーワゴンで、キャンプなどの大荷物移動に最適です。

80kgの耐荷重で頑丈なので、たくさんの重い荷物も一度に運べます。

折りたたみ式で収納もコンパクト。Plusモデルでは、延長キットが標準装備され、サスペンションが搭載され、安定した走行が可能です。

キャノピーはファスナーを開くとネットになり、視界も広がります。

この商品の口コミ・評価のまとめ

高い評価

  • 操作が軽く感じる
  • 見た目もおしゃれで、テーマパークでも活躍

低い評価

  • 畳んだ時に大きさはある
GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

4色のカラー展開でシンプルなデザインでテーマパークなどでも活躍しそうです。

キャリーワゴンの賢い選び方3つのポイント

子育てや買い物、アウトドアなど、様々なシーンで大活躍するキャリーワゴン。

種類が豊富で迷ってしまうことも多いのではないでしょうか?

GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

キャリーワゴンの賢い選び方について3つのポイントをご紹介します。

用途に合ったサイズを選ぶ

キャリーワゴンは、用途によって最適なサイズが異なります。

  • 買い物: 食材や日用品をたくさん運ぶなら、大容量のものがおすすめです。
  • お出かけ: 子どもと一緒に公園に行くなら、軽量コンパクトなものが便利です。
  • レジャー: アウトドア用品をたくさん運ぶなら、頑丈大きなタイヤのものがおすすめです。
GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

それぞれの用途に合ったサイズを選ぶことで、快適に使用することができます。

機能性をチェックする

キャリーワゴンには、様々な機能が搭載されています。

  • 折り畳み式: 使わないときはコンパクトに収納できるので便利です。
  • ブレーキ: 坂道などで安全に停車することができます。
  • : 日差しや雨から子どもを守ることができます。
  • ドリンクホルダー: 飲み物を持ち運びすることができます。
GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

必要な機能が搭載されているものを選ぶことで、より便利に使うことができます。

デザインもチェック

キャリーワゴンは、様々なデザインのものがあります。

  • シンプルなデザイン: どんな服装にも合わせやすいです。
  • カラフルなデザイン: 子どもと一緒に使うなら、楽しいデザインを選んであげましょう。
  • ブランドロゴ入り: おしゃれなデザインを選んで、ファッションの一部としても楽しむことができます。
GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

デザインも好みに合わせて選ぶことで、より愛着の湧くキャリーワゴンを選ぶことができます。

まとめ|キャリーワゴンで親子のお出かけを快適に!

ベビーカーに頼りすぎず、もっと自由に育児を楽しみたい!そんなパパママに、キャリーワゴンは救世主となるでしょう。

公園やショッピングモールへ。荷物もたっぷり積んで、アウトドアも快適に。

キャリーワゴンで、親子で過ごす時間を、もっと笑顔あふれるものにしてください。

GREAMA-KIDS
GREAMA-KIDS

他にも色々な情報をご紹介していますので、お時間があればぜひご覧ください。

他にも色々なWEBコンテンツを制作していますので、ぜひご覧ください。

  • GREMA
  • GREMA-KIDS
  • GREMA-LIFE
  • ケマハマジ