[PR]記事内に広告が含まれています。

子供部屋にベッドは必要?いらない?布団の方がいい?どっちを選ぶのがベスト?

子供部屋にベッドは必要?いらない?布団の方がいい?どっちを選ぶのがベスト?

気がつけば、兄弟一緒の部屋や一人部屋など子供の成長に合わせて、様々なタイミングで子供部屋のインテリアの見直しが必要になってきます。

将来的にはベッドか?それともこのままお布団か?

そんな思いがふと頭に浮かびます。

今回はそんなお子さんの成長に合わせ、ベッドvs布団のどっちがベストなのかを考えてみました。

子供部屋の限られたスペースを有効活用したい方へ、今後の子供部屋の準備のお役に立てれば幸いです。

今回ご紹介しているインテリアに関する商品は、家具350 または各ECショップでお求めいただけます。


気になる商品がありましたら、写真または写真下部の商品詳細ボタンよりアクセスください。

GREMA-KIDS
GREMA-KIDS
この記事を書いた人

おもしろい・知りたいが見つかる子育て応援WEBマガジン。
 
子育て中に試してよかったことや助けられたアイテムなど、
 
3人の子供がいる現役ママが、子育てに役立つ情報などを中心にご紹介します。

子供部屋にベッドは必要?いらない?お家の間取りと将来を見据えた部屋作り

参考価格¥19,999〜(税込み)


子供部屋のスペース効率と機能性を考えるなら、まず最初に家の間取りをしっかりと分析するのが大切です。

例えば、部屋の数が足りなかったり、子供の数が増えたりすると、どうやって部屋を有効活用するかがめちゃくちゃ大事になってきます。

GREMA-LIFE
GREMA-LIFE

まずは落ち着いて、お部屋の数や子供達の将来を想像しながら、お家の間取りを改めて考えてみましょう。

家族構成に合わせた部屋の配置とは?

参考価格¥14,999〜(税込み)

お家の間取りで子供部屋にする部屋を確保できるかどうか?

当たり前の話ですが、ここを決めなければ何も進みません。

家族構成について

まず家族の構成を考え、それぞれがプライベートな場所を確保できるか考えてみましょう。

子供達の年齢や性別、性格に応じてそれぞれのスペースを確保できるのか?それとも部屋を共有するのか?

お家の間取りと子供の人数から分析していきましょう。

部屋の配置について

子供部屋は、将来的な変化にも対応できるように配置を考える必要があります。

成長するにつれ、趣味や学習スペースが必要になるかもしれませんので、変化に対応できるようなレイアウトを心掛けましょう。

みんなが集まるリビングや、親の寝室からみてどの位置に子供部屋を作るのかも重要になってきます。

部屋の広さを最大限に活かすアイデアとは?

参考価格¥12,999(税込み)

部屋の広さを最大限に活かすためには、工夫とアイデアが必要です。

GREMA-LIFE
GREMA-LIFE

スペースを最大限に活かせるアイデアを、いくつかご紹介します。

  • 多機能な家具の活用
    スペースを節約するために、多機能な家具を取り入れる。例えば引き出し付きのベッドやデスクにもなる収納棚など多機能な家具を利用することでスペースを確保することができます。

  • 壁面を有効活用
    壁面を利用して収納棚やデスクを設置することで、床のスペースを有効に使えます。本やおもちゃなどを壁に取り付けることで、広々とした印象を与えつつ、整頓された空間を作りだせます。

  • 折りたたみ可能な家具
    必要な時にだけ使う家具を折りたたみ可能なものにすることで、スペースを臨時的に確保することができます。寝る時には畳めるデスクだったり、お友達が遊びに来た時に出す椅子など、折りたためる家具はとても便利です。

  • 明るい壁紙を活用
    明るい色の壁紙は、部屋全体を明るく見せるだけじゃなく、光を反射して空間を広く見せる効果があります。壁紙は明るい色を積極的に利用することで、部屋全体のイメージを変えれる優秀なアイテムです。

  • 鏡を活用
    鏡を使用することで、光を反射させ視覚的な広がりを生み出します。大きな鏡を壁に取り付けたり、家具に鏡を組み込むことで部屋の広さを強調できます。

子供部屋にベッドは必要?いらない?ベッドと布団のメリットとデメリット

参考価格¥19,999〜(税込み)

睡眠は子供の成長に大きく関わってきます。

そんな大切な寝具をベッドにするのか布団にするのかを考えるのは結構重要な起点ですよね。

では、ベッドにはあってふとんにはない、布団にはできてベッドにはできない事などのメリットとデメリットを具体的にあげていきましょう。

メリット・デメリットを考えたうえでどちらが最適か、よく検討してみましょう。

ベットと布団のメリットとデメリット

ベッドのメリット

・高品質なマットレスで快眠できる
・ベッドフレームのデザインが豊富
・高さがあるので寝起きが楽
・ベッド下収納を活用できる

ベッドのデメリット

・スペースが必要
・高品質なベッドは価格が高い
・重いので移動が大変
・購入時に組み立てが必要な場合がある

布団のメリット

・寝る時以外は畳んで置いておける
・ベッドよりもコストが低い
・干したり収納したりと簡単に移動ができる
・丸洗いすれば清潔に保てる

布団のデメリット

・背中や腰のサポートが不十分
・上げ下げが面倒
・湿気が残ったまま収納するとカビ発生の原因
・洋室の部屋では浮いて見える

GREMA-LIFE
GREMA-LIFE

ベッドも布団も、一長一短という感じですね。

引き出し付きのベッドフレームは普段使わないものの収納にとっても便利です。

スペースさえ確保できれば収納力がグンとアップします。

ベッドの選び方で考えるスペースと機能性のバランス

子供部屋のベッド選びはスペースと機能性のバランスが鍵です。

ただでさえスペースが必要なベッドなので、コンパクトなベッドフレームや引き出し収納がついたベッドなど、スペースを有効に使えるデザインを選ぶのがポイントです。

機能性も考慮して、成長に合わせて長く使用できるベッドを選ぶことで、子供部屋の使い勝手を良くさせることができます。

布団の利点と注意点は?

布団は移動ができることや収納のしやすさがあり、子供部屋にも適しています。

寝る時だけ広げて、あとは畳んで収納しておけるので、寝る時以外はスペースをとることがありません。

ですがその一方で湿気がこもったままの布団を収納するとカビが生えてしまったり、清潔さの面で注意が必要です。

また床に敷くことで、床からの熱や冷気が伝わりますので、季節に合わせて工夫が必要です。

ベッドと布団の比較で見えてくるコストや優先度

ベッドは通気性があり、寝返りもしやすい一方で、布団は比較的低コストで自由度が高い特徴があります。

部屋のスペースやご家庭の予算を考慮して、ベッドと布団の違いを理解することが重要です。

例えば、子供部屋を1人部屋にする場合は、ベッドと布団のどちらでも部屋に合わせて選べる。

子供部屋が和室の場合は、布団が畳んで収納できる押し入れが必要なのでベッドよりも布団が優勢。

2人以上の子供部屋の場合は、引き出しタイプのベッドや二段ベッドを活用してスペースを確保する。

子供はよく汗をかくので、洗える布団だと清潔に保てます。

軽い布団だと上げ下げもしやすくて、子供にとってもよりGOODだと思います。

和室を子供部屋にするポイントは、こちらの記事にまとめています。

まとめ|子供部屋にベッドは必要?いらない?ベッドと布団どっちを選ぶ?

参考価格¥ 23,999〜(税込み)

大切なのは、子どもの成長段階や生活スタイルに合ったものを選ぶことです。

子供部屋には、ベッドと布団どちらがベストか。ベッドと布団、どちらが正解なんてありません。

ベッドは、収納や空間の使い方の自由度が高く、お掃除も楽々。

布団は、経済的で、日当たりや気温に合わせて調整しやすいのがメリットです。

迷ったら、子どもと一緒に考えてみましょう。

実際に寝心地を試したり、部屋の雰囲気に合うものを選んだりすることで、より愛着のある空間を作ることができます。

子どもの個性に寄り添い、快適な睡眠環境を整えることで、心身ともに健やかな成長を促しましょう。

どちらを選ぶかはご家庭の状況や好みによるものなので、予算や快適性を考慮しつつ、子供が安心して成長できる部屋を家族みんなで話し合ってみてください。

今回ご紹介しているインテリアに関する商品は、家具350 または各ECショップでお求めいただけます。


気になる商品がありましたら、写真または写真下部の商品詳細ボタンよりアクセスください。

他にも色々なWEBコンテンツを制作していますので、ぜひご覧ください。

  • GREMA
  • GREMA-KIDS
  • GREMA-LIFE
  • ケマハマジ